2015.03.04 Wednesday 19:05
院長の独り言

新説“トリガーポイント”が効く!

今月号の雑誌ターザンは、体のコリ張りに効く「トリガーポイント」について特集されています。


 

〜新説とありますが、開業当時からこの理論をつかっております〜


私は以前より「トリガーポイント」理論を基にした施術がコリ張り解決の近道だと考え、施術のメインとしております。

私が行う施術は、各症状の核心の部分(トリガーポイント)を探し出し、硬結と呼ばれるシコリの球を散らすのです。

このトリガーポイントは各症状の場所から少し離れたところに出来ていることもあり、探し出すには経験が必要となります。

また、硬結はかなり深いところにできますので、指圧する指の形状・力加減・押圧の方向も大事であり腕力・体力も使うので施術はそう簡単にはいきません。


例えば、寝違えや首の筋肉が張って頭を動かすことが困難な症状の場合には、

患側の腕橈骨筋上部(経絡でいう手三里のツボ付近)を抑えただけで不思議と首が緩んだりするのです。

私は一連の施術の流れの中で、主訴部位以外にこのポイントを的確に押さえて硬結を散らしております。


よく利用者様から「痛いけど(ツボを押されたような感じ)もの凄く効く・・普通のマッサージ屋さんとは次元が違いますね・・・」等皆様から有難いお言葉を頂戴しますが、

実はこれはこの「トリガーポイント」理論を取り入れたほぐしをしているからなのです。


コリ張りにお悩みの方、一度当院でお試しになってスッキリされてはいかがでしょうか。




〜私が日々施術に取り入れていること、そのものが載っております!〜














| 1/1PAGES |